TOPBlogClinicNewspaper

2011年01月10日

キシリトールで虫歯予防!〜その2〜

前回から、少し間が開いてしまいましたが・・・(^^ゞ

前回お話ししたように、今回は虫歯の発生のメカニズムから簡単に説明させていただきます(*^_^*)


ブラッシングで取り残した、虫歯の原因菌であるミュータンス菌が歯に付着し、プラーク(歯垢)を作ります。

これが、食事の度に食べ物に含まれる栄養(糖質)をとりこんで、酸を放出します。

この酸が、歯の成分であるカルシウムやリンを溶かし 硬い歯が柔らかくなります。

この柔らかくなった部分を虫歯と言います。


では、この虫歯の成り立ちの中で どのようにキシリトールが活躍するのか・・・・


キシリトールの一番の効果である、虫歯予防効果には 

 @ ミュータンス菌を弱らせる 

 A 唾液の分泌を、増やす

と、大きく2つに分けられます。


このお話は、次回また・・・(^_-)-☆


posted by SUGIMOTO-DC STAFF at 22:29| ちょっといい歯のお話

2010年11月24日

歯磨きにつぃて☆

みなさんが毎日している歯磨きにつぃてちょっとお話してみます♪
なぜ歯磨きをするのか?
それは虫歯や歯周病予防の為だと思いますよねp(^^)q

じゃぁなぜ歯磨きをしなぃと虫歯や歯周病になるのか?
歯磨きをしなぃと当然、歯に食べ物の食べカス(汚れ)がたまります。
その汚れ(細菌)が酸や毒素を出して虫歯や歯周病となる原因になるのです。

汚れ(細菌)が酸や毒素を出すのに1日〜2日かかるので、こまめな歯磨きが必要なんですね(^ω^)
それにより虫歯や歯周病を予防するのが可能になるんです♪

歯磨きがなぜ毎日しなぃといけないのかが、だいたい分かっていただけましたか?(´∀`)

それでは歯磨きの時どぅやって磨けばいぃのか?
..はまた今度お話しますね♪
posted by SUGIMOTO-DC STAFF at 08:21| ちょっといい歯のお話

2010年11月22日

キシリトールで虫歯予防!

  
キシリトールが歯にいいという事を、知っておられる方は多いとは思いますが
キシリトールがなぜいいのか、どのようにいいのか・・またキシリトールとはいったい何なのかを ご存じですか?

キシリトール大好きな私としたら、この良さを知ってもらい ぜひ毎日の生活に取り入れもらいたく
今回より少しずつ紹介していきたいと思います(^O^)/

みんなで、キシリトールおたくになりましょう(^_-)-☆

100パーセント表示Web用.jpg


✿キシリトールとは✿

白樺や樫 又、多くの野菜や果物に含まれている天然の甘味料で、厚生省に認可されている食品添加物です。


その特徴は

@ 虫歯予防効果
A 砂糖と同じくらいの甘さがあります
B カロリーは、砂糖の3⁄4
C 血糖値に影響を与えないので、糖尿病患者向けの医療品原料としても、使われています


ここで注目すべきは、@の虫歯予防効果ですね \(^O^)

なぜキシリトールが、虫歯の発生を防ぐのかをお話するためには まずどのように虫歯が発生するのか・・から簡単に説明したいのですが、それはまた 次回に・・・(@^^)/~~~




posted by SUGIMOTO-DC STAFF at 07:20| ちょっといい歯のお話

2010年11月14日

「ちょっといい歯のお話」を始めるにあたって

院長の杉元です。
このカテゴリはスタッフの目線で歯科を存分に語ってください。
posted by SUGIMOTO-DC STAFF at 22:06| ちょっといい歯のお話
| トップ | トピックス | 患者さまの声 | スタッフブログ | リンク集 | メディア掲載 | 採用情報 | プライバシーポリシー | サイトマップ |